大福くんその後、みけちゃんも

  • 2012.09.25 Tuesday
  • 14:29






高温注意報の出続けた夏がやっと終わって、猫たちは少しずつ元気を回復しつつあります。
一時はもうダメかと思われた大福くんもやっと食欲を回復しました。
とは言っても、元気だったころの2/3くらいの食欲です。
カリカリのフードは以前ほど食べなくなり、
代わりに缶詰かジュレのようなどろっとしたフードかスープがメインのフードとなりました。
歩いたり塀に飛び上がったりはしますが、以前のような元気はなく、
なんだかすっかりおじいさんになってしまったようで、1日中うちのまわりのどこかで過ごしています。





まぐろの缶詰をモリモリ


















みけちゃんて美しいなあと、時々見入ってしまいます。
何気ない表情が美しくて、これって生まれつきのものなんでしょうね。
みけちゃんはこの夏、まったく夏バテもせず、
いつもの元気なみけちゃんのまま夏を乗り切ってくれました。











嫌な猫が塀の上から来ないか確認しながら食べる






しっぽの色も少しずつ回復してきています




涼しくなって、食欲も元気も一気に回復。
これからまた猫らしく生きられる。




今日は取れなかったね

  • 2012.09.18 Tuesday
  • 15:37

ふたりで協力しても何も取れない日もある。
そんな日は並んでじっとしている。




































ゴキブリもふたりで取れば怖くない♪

  • 2012.09.10 Monday
  • 15:20


みーにゃとくろーにゃはいろんな虫を取るんです。ある晩、仲良く階下で遊んでいたふたり。やっと仕事を終えて、8時すぎに階下へ下りて行ったら、最初に目に飛び込んできたのは仰向けになったゴキブリでした。手足がもげていて、微動だにしませんでした。それから、何日かして、部屋を掃除をしていたら、重ねてたたんでおいた新聞紙の間から手足のもげたカマドウマが出てきました。夕べはくろーにゃがやけにハッスルして私の部屋まで駆け上がってきたので、蚊でも追いかけているのかと思ったら・・・後でよく見たら、手足のもげた大きなカマドウマがころがってました。

この日は小さい黒い虫(名前はわかりません)























































結局、食べたのはくろーにゃくんでした。

ま、仲良きことは美しきかな、
ですな。


こんな猫がいるらしい

  • 2012.09.03 Monday
  • 13:34
まずは写真から



顔の左半分は茶色、右半分は黒。
左目は青、右目は緑。


ニュースはこちら→ビーナス



でも、これって、やらせかな。
なんとなく黒で塗った感じがするけど。
目はたぶん本当だと思う。
顔の色は本当ならすごいね。



あれから

  • 2012.08.04 Saturday
  • 13:45


2つのあれからです。


まず、くろーにゃ



おひるねちゅうzzz



日曜日の朝、残っていた最後の点鼻薬を鼻の穴に落として、
ハイ、これでおしまい、夜鼻水が出なかったらもうお薬はしなくていいんだよ。
それから様子を見ていますが、今のところくしゃみも鼻水も出ないようです。
やっと、風邪が治りました。
点鼻薬は本当に嫌だったみたいで、冷蔵庫から薬の袋を取り出す気配を察すると、
タッタカ~と2階へ駆け上がって、部屋の隅で固まっていました。
お腹の方はまだ軟便気味です。
3週間ほど様子を見て、軟便が続くようならコクシジウムかもしれないので、
病院で検査してもらおうと思っています。
すっかり元気になったくろーにゃは、やっぱり外へ出たがります。
1度脱走しましたが、外は猛烈な暑さだったため、
へえへえ舌を出しながら、暑いよ~という感じですぐに帰ってきました。
それ以来、家猫暮らしが続いています。
昼間は暑いので、ひたすらお昼寝。
夜、涼しくなった頃に動き始めます。




猫3 これ何にゃ?
猫 よくわかんないけどチメタイよ






ペットパークに貼っていただいている写真。
ちょっとカッコいい。






大福くん






8/1(水)、大福くんがまた現れました。
この前より少し快復したみたいで、震えは止まっていました。
ただ、ごはんは食べられない様子で、フードに顔を突っ込んだまましばらくじっとしていましたが、
一粒も食べないままあきらめて立ち去りました。












夜になると、風もあるし涼しくなるので、夜まで待って出てきたらいいのにと思います。
みけちゃんは昼間ちょっとだけごはんを食べに来て、
夜涼しくなってからゆっくりやって来るとたっぷり食べて帰ります。
みけちゃんみたいにしたらいいのにと思いますが、
大福くんには大福くんの都合もあるのかもしれませんね。




追記(8/5 5.00 p.m.)




大福くんはたった今、スープ(まぐろ、かになどの魚肉入り)を2パック飲んで行きました笑い
やっとスープくらいは飲めるようになったようです。



みーにゃとくろーにゃ

  • 2012.07.16 Monday
  • 16:25



猫 ○△□××だと思うよ
猫3 そんなもんかにゃぁ・・・







猫 そんなもんだよ
猫3 そっか・・・







猫 うん
猫3 ・・・















猫 まぁね
猫3 まぁな






夕べ、私はみーにゃとくろーにゃを失いました。どこへ行ったのか、2匹は忽然と姿を消してしまったのです。みーにゃがよく寝る部屋、くろーにゃがよく篭る部屋、あっちこっち探し回りましたが、2匹はどこにもいません。窓はあいてないし、どこだあ・・・






足跡







足跡







足跡







すると・・・



発見!




2匹は玄関のコンクリートのたたきに仲良く並んで寝転がっていました(靴が乱雑ですみません)。暑かったので涼みに行ったようです。ホッ!




さて、くろーにゃの風邪ですが、少しずつよくなっていますが、やはりまだ微熱があり、依然くしゃみと鼻水も出るので、朝晩抗生物質と点鼻薬の投与を続けています。それでも食欲は少しは回復したようで、以前ほどではありませんが、まあまあ食べるようになりました。











軟便気味なので病院でお腹に優しいという療法食をもらって与えていますが、これがなかなか食べない。試しにお湯でふやかしてみましたが、匂いを嗅いだだけで食べもしませんでした。市販のフードを食べるとすぐお腹を壊すし、ひどい時は肛門から垂れ流しで始末が大変です。保護した時に診てもらって内蔵良好だという診断をもらいましたが、すぐお腹を壊すくろーにゃの内蔵はちょっと敏感みたいです。









耳の噛み傷、顎の下の噛み傷、引っかき傷はきれいに治りました。耳の左側、頭のてっぺんにちょこんと立っているのはかさぶたが持ち上がっているところです。でもこれも先ほどきれいに取れました。これで傷の方は完治です。あとは風邪とお腹。猫の風邪はなかなか治りにくいですね。




朝の散歩、夜は家猫 その3

  • 2012.06.21 Thursday
  • 15:56








朝の散歩















ハーネスをつけて歩くことはかなり面白くないことのようで、終始怒っている。う~と低い唸り声をあげながら歩く。でも今日はきのうより歩く距離が伸びた。ただ、ハーネスをつけて散歩させることがくろーにゃにとってどれほど意味のあることなのか、正直疑問だ。くろーにゃにとってただ草むらを歩くのはほとんど意味がない。草むらの奥深くまで行ったり、高い草地へ上ったり、駐車してある車の下の奥の方へ隠れたりしたがり、私が一緒に歩くことはほとんど不可能である。わけてもとかげややもりのような生きものを見つけると途端に捕獲態勢に入り、物凄い瞬発力で追いかけ始めようとする。こうなると野生の猫そのもので、人間の私はそばにいて間の抜けた存在にしか感じられない。

私は正直、こういう野性味をくろーにゃから取り上げてしまうことに抵抗すら覚えるのだ。外で暮らしていた野良猫を保護して家猫にすることに反対しているのではない。野良猫は一様に食べ物にも人の愛情にも飢えている。みけちゃんや大福くんだけでなく、ひっそりと隠れるようにしてうちにごはんを食べに来る大方の野良猫達はゆっくりと向き合ってやると、必ず心を開いてこちらを信用するようになる。くろーにゃも少しずつ家の中での暮らしを覚え、最初の粗い感じが取れて家猫らしくなりつつある。それでもくろーにゃが持っている野生味は彼にとってかけがえのないアイデンテイである。嬉々として草むらの中を歩きまわり、ハンターのようにとかげを捕らえ、ひと仕事終えたという感じで帰宅する?そういうくろーにゃは美しい勇者のようだ。





夜は家猫




















夜のくろーにゃはじゃらしやねずみのおもちゃ遊びを楽しむ家猫そのものである。保護した時病院で診てもらったが、病気は一切持っていなかったし、回中も検出されなかった。以前、どこかの飼い猫だったのかもしれない?そう思えてならないほどくろーにゃは綺麗な体のまま外を彷徨っていた。

くろーにゃは最近、私の言葉を少し聞き分けるようになった。「くぅちゃん!」と呼ぶと振り向くし、違う部屋にいるととことこ私の所までやってくる。(最初から”くぅちゃん”という呼び声には反応したので、うちに来るまで”くぅちゃん”と呼ばれていたのかもしれない。)他にも”ダメ”とか”おいで”とか、話しかける言葉に反応していると思うことがよくある。





夕食の支度をしている最中に
ふと振り向いたら、すやすや眠っていた




朝の散歩、夜は家猫 その2

  • 2012.06.16 Saturday
  • 20:49


今日は朝から雨が降っていて、雨の日はお散歩に行かなくてもいいかというと、それは違うらしい。くろーにゃは雨の日でも外へ行きたがる。今日は雨だからね、猫は雨の日はお散歩に行かないの、なんて言ってみたりしたが、イカ耳になってしっぽをぶんぶん、あまり機嫌がよくない。みーにゃがしきりとそばへ寄ってきて、舐めたり匂いを嗅いだり、遊ぼうよのサインを出してみるが、知らん顔している。う~む・・・それでは仕方がない。お散歩行きますか。せっかく水兵さんのセーラー服ハーネスも買ってあることだし、雨の日で濡れてしまうけど外へ出ないよりいいか、と、ハーネスにくろーにゃを押し込んで外へ連れ出した。

結果は案の定、地面にへたばって動かない。くろーにゃ、頑張れ!留め金の所を引っ張り上げて歩行を促す。何度か引っ張り上げているうちに、やっと気を取り直してとことこ歩いてくれた。






















しばらく歩いてはまた地面にへたばる。動かないくろーにゃをなだめつつ、隣家の駐車場まで来た時・・・









嫌がって後ずさりした途端に、ハーネスがすっぽり抜けてしまい、くろーにゃはそのまま逃走。そこからはどこへ行ったのか見えなくなった。今日はハーネスの締め方がゆるかったのだ。ハーネスを買ったお店の店員さんが、猫が後ずさりするとハーネスは抜けてしまうので、少しきつめに着せてくださいと忠告してくれたのを忘れていた。このままではまたお隣にご迷惑がかかると思い、そのままあのお宅へ直行してあの時のことを謝るとともに、これからはハーネスをつけて散歩をすることにしたと説明。いろいろ話しているうちに、ようやく納得していただいた。聞けば赤い首輪をつけた黒い猫(くろーにゃのこと)が毎日来て糞をしていたとのこと、一時は保健所へ電話をして殺処分を頼もうかと思っていたこと、でも首輪をしている猫はどこかの飼い猫だからそれはできないだろうと話していたことなどを話していただいた。

くろーにゃはそれから1時間ほどして帰宅した。今日は雨なのであまり長く外にいなかった。ハーネスに慣れるのはくろーにゃだけでなく、私も使い方に慣れなくてはならないと思う。



朝の散歩、夜は家猫 その1

  • 2012.06.15 Friday
  • 17:23


外へ出たらどんなことをしているのかな?朝のお散歩に少しだけ付き合ってみました。


外へ出たくろーにゃはとっても気持ちよさそうです

























道路を渡って駐車場へ













奥までまっすぐとことこ












ここでも、きっもちいい~♪












外に出たくろーにゃは家の中にいる時よりずっと開放的で清々とした表情をしています。家の中では終始自信なげな表情ですが、外は自分が暮らしてきてよく知っている世界、どこへ行けばとかげがいて、どこへ行けば爪が研げてウンチができて・・・誰にも気兼ねしなくていいんでしょうね。ごはんはないけど、それがくろーにゃの生活だったんだなと思います。そんなくろーにゃの表情を撮って帰ってきたら、ドアベルを押す人がいました。

「あの猫、お宅の猫ですか?」
「そうですが。」
「うちへ来て糞をして困るんですよね。」
「うちの猫がですか?」
「そうです。」
「でも、この辺、野良猫はたくさんいますよね。」
「そうですけど、たくさん糞をしていって、いくら追い払ってもダメなんです。」
「はあ・・・すみませんが、あの猫は少し事情がありまして、家に閉じ込めておくともう1匹の猫を攻撃するので・・・」
言いかけた私を遮って
「うちには幼い子どももいるし、砂利にさわったら不潔ですし。猫出さないでください。」

こちらにはいろいろ事情があって、家の中だけで飼うのが難しいのを今日までなんとかやってきてやっと少しうまくいきだして・・・というような事情はこちらサイドの話で、猫の糞害に遭っている人にとってはバカバカしいようなお話なんだろうなと思います。家主は一軒さきのご近所で、最近新築したばかりの家に引っ越してきたばかりの方でした。通路にはきれいな砂利が敷き詰められていました。

「砂利を取り替えるにもお金がかかりますし、うちには幼い子どももいるし、砂利にさわったら不潔ですし。」
「もし何なら私が掃除しましょうか。」
「そういう問題ではないです!」
「・・・」
「猫外へ出さないでください!」

一方的にまくしたてられて、謝るしかありませんでした。さて、これからくろーにゃの朝の散歩どうしよう。落ち込みそうになる気分をなんとか引き上げて、そうだ、リードとハーネスで散歩すればいいか。むずかしいかもしれないけど、それしかないか。夜、細いひも状のハーネスを購入し、翌日はくろーにゃを連れ出そうと考えました。しかし、このハーネスが小さくてくろーにゃには装着できず、急遽首輪にリードをつけて散歩することにしました。

翌朝、糞を入れる袋を持ち、散歩に行けるので喜んでどんどん先へ行くくろーにゃを抑えつつ、そっちじゃなくてこっちと引っ張った途端、嫌がるくろーにゃの首から首輪がすぽっと抜けてしまいました。くろーにゃはそのまま駐車場に駆け込み、草むらに消えていきました。う~ん・・・これもダメか。2時間後、くろーにゃはいつもと変わらない様子でなーなー鳴きながら帰宅。いつものようにごはんを食べて家の中をしばらくうろうろした後、コロンと寝てしまいました。

夜、思い余って猫ボラのTinaさんに電話、励まされたり、知恵をもらったりしました。Tinaさんによれば、ハーネスやリードをつけて歩けるのは仔猫のうちからそれらに慣らされている猫で、成猫になってからやってみてもまず無理とのことでした。くろーにゃはハーネスはつけてみるものの、いざリードで歩かせようとすると嫌がって後ろへ引っ張るばかりで、いっこうに歩こうとしません。無理に引っ張ると、地面にへたりこんでしまう始末です。

一難去ってまた一難。せっかくみーにゃともうまくいっているし、これでくろーにゃが家猫生活に完全に慣れてくれて、少しずつ完全室内飼いへ移行できたらと思っていた矢先だけに、また壁にぶち当たった気がして、ため息が出ます。くろーにゃくん、おかーさんはしんどいぞよ。(里親の話は諦めたわけではありませんが、どこからも声がかからないし、このまま家の子になるのかなとも思っています。)



ねえ、あそぼ!

  • 2012.05.13 Sunday
  • 18:50


猫 ねえ、あそぼ!

猫3 。。。







猫 あそぼってば!

猫3 ねむい。。。







猫 あそぼーよぉ

猫3 うるさいなぁ







猫 どうしてさ?

猫3 あっちへ行けってば






猫 チェ!つまんないヤツ(ブツブツ)(退散)





猫3 ったく、うるさいヤツ(ブツブツ)







お昼寝から先に目が覚めるのはいつもみーにゃ。
目が覚めたみーにゃは、決まってくろーにゃが寝ているところへ覗きに行く。
そして匂いを嗅ぐ。
かじってくろーにゃを起こすこともある。ねえ、あそぼうよ!
一生懸命起こすのだけど、くろーにゃは、まだ眠いよ~。。。
長い手がにゅっと伸びて、みーにゃはビビって退散。
最近、みーにゃとくろーにゃは仲がいい。




PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM